Blog 羅針盤搬入の2日前までさかのぼる

***\info \cv \drawing \painting \statement \blog \contact \***
Blog Ikoi Girl どくろ
We have no lack of fuel. 燃料には事欠かない.スローガン。
展示作品に、マクドナルドの紙などを貼る。それは手芸屋のビーズからスライドさせた意図。
ビーズと違うのはそれ自体が純粋に楽しむ為のものではないところ。
結局シュミレーショニズムっぽくならなかったなあ。
展示期間中にデータ収集等で制作を発展させたい。
経済面だけ除けばノリが良い。
来月前半まで何かをやれる気がする。
朝徹夜して制作したが、何か満足気な感じがした。ここのところなかった気分だ。
一歩進んだ気がする。順調にどこかに転がっている気がする。
グループ展示で初めて参加して良かったと思った。
要はホップステップのステップだ。
人の作品と並んで自作を見るのは勉強になる。
今のうちに反省出来るのはラッキーだ。
一人で制作していると頭打ちの感覚にとらわれる危険がありそうだ、
ネガティブになりがちの時で、このグループショウ参加はメリットだ。
他の作家さんも尊敬できる作品だ。それぞれ問題意識がスライドしているので、健やかな感じがする。
なにより、絵を描いていくことにポジティブになれた。自分の伸びしろがすごく感じられて。
日本画の磁場により、加熱、加速されていく現場としてナイスだと思う。
こういう勉強になる場を企画され、呼んでくださったことに感謝すべきだ、と今日搬入を終え思いました。
このグループ展示で吸収したパワーを公募に爆発だ!ナイスステップ。
搬入が終わった。清々しい。ギリギリ及第。
大衆芸術といえば江戸。
言葉遊びでビジュアルを構築していく「遊び」の認識と市民権は羨望してしまう。
桜の花と雪が同化する。夜明けだった。台風や地震、自然の怖さ、形態は湿気によって分解される。ムービングのクロッキーのような端的さ、メモ書き、魔方陣…
年末にカルフォルニアから帰ってきてから、常夏のカルフォルニアの強い紫外線の魅力に勝るものを国内で見つけることが出来なかった。しかし四季が該当する、とやっと体感できた。 金沢の朽ちた農家や落ちている巨大なザクロを連想する、腐っていく腐臭。
徘徊=カオス エントロピー ノットイコールミックス。
徘徊=カオス エントロピー
芸の深みは雑学から。と糠信さんが言っていた。そうだ、あとはバイタリティーです。
雲母と醐粉とアクリルのホワイトを混ぜ使う。白が透けるからデッサンの練りゴム見たいな感じ。日本画史はカオスなつながりになるか連歌とか連画みたいな。
最終的に自分はタブロー作家になって行く気がする。インテリジェンスはないし。しかし、それへの好奇心は無くさない。観戦を楽しむ。気質違い。
徹夜明けた。今仮眠。あと二徹!最近簡単に作るといわれたので難解に作ったら泥沼。余裕茄子
土曜日の墨絵の展覧会の搬入のため、制作中。どうしても墨絵という観念から自分はシュミレーション的な感覚を持ってしまう。シュミレーショニズム的な制作にするならば、リミックスする部品の選定が重要。墨絵という部品の分かりやすさは救いかなあ。
[PR]
by wasurerare | 2010-04-18 00:40 | Ikoi_Girl__憩娘
Tomoaki Shibata, Artist from Japan is owner of this home page since 2006.Tomoaki runs own 2 home page. Another is main act. This act: news&blog Another:main.. http://wasurerare.jimdo.com/
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30