blog

***\info \cv \drawing \painting \statement \blog \contact \***
blog ikoi girl
今日、朝、京浜東北線で目覚める。電車で起きることが多くなった。帰宅の為中央線に乗り換えたが自宅最寄駅二駅前で再び寝入ってしまった。それは体力の衰えだろうか。
昨日も新宿で呑んだ。③連ちゃんだ。さすがに今日はよす。立川で呑み屋で働いている知人に会って誘われたが、今日は止めよう。ぼうーとしている。
昨日の呑みは予備校の時の講師が芸大の助手になっていて、さらにそれを辞め、かの予備校の講師に再就職したという新生活を応援、お疲れ様呑みだった。
クロッキーのバイトのあとだったので呑まなくても目的地に行くのに迷ってしまった。
絵を描くと頭がぐるぐるして時間と方向の感覚がおかしくなる。
メンツは大勢で現役の予備校生2人と講師数名、主賓の講師の祝杯に駆け付けた勝手の予備校生達だった。
バイトの前にキャンバスを買ったのだが、今朝は無かった。もったいないがまた買った。
木枠を今日作り始めた。地元のKO-D2で材料買った。キャンバス世界堂で買った。
久しぶりに作家の店員とあえて嬉しかった。
昨夜の飲み会で予備校の時に好きだった女の子にちょっとだけ合った。若さというのは怖い。

サンタフェのラジオを聴きながらフェースブックを眺めていると何処の国でもなくなる。
ダウナーのジャズで脈拍がおちて魔天楼にすべる。


今日は西国立でアトリエを借りて制作している友人工藤俊明さんのアトリエを会場に展示にお邪魔した。
勝手に告知しようと思う。2010、5/28~6/21 *5/28、6/4・14・21、毎土日のみオープン
11:00~日没まで。
多摩川にめんした六畳のプレハブアトリエ。
竹が窓の外に揺れ、自然光を紗えます。
壁に掛けられた水彩画と油絵は彼に言わせるとオブジェクト。
空間の余白が作品ということです。
個展タイトルもそのまま”VOID余白”#1~White Cave白い洞窟~
気持ちのこもった展示でした。

余白の美をテーマにした展示で、建てられたパーテーションに移る竹の葉の影、
アクリルに納められた画面に映り込む虚像、それは空間的な空白ではなく、
時間の空白といえるかもしれない。

生活の中のごちゃごちゃをオブジェクトの向こうに隠す。
本来の絵の鑑賞の構造ではないかもしれないが
見つめる構造はきっと
本来的な身を休める人間の形なんだと思う。

一人の空間だ、と思う。


本日も油制作を着々と進めている。と、いってもまだ木枠を思考錯誤しながら作っている段階。前述工藤さんの指導のもと、かんなで削る。
共同でアトリエを運営をしている徳井さんの邪魔をしてしまった。
だけど、邪魔されて憤る徳井さんにシンパシーを覚えた。
制作に向かう姿勢が乗ってきているんだと思う。チョウわかる。

油彩はこのエキサイトブログみたいなものだとおもう。
その心はまだ言わない。
[PR]
by wasurerare | 2010-05-31 22:11 | Ikoi_Girl__憩娘
Tomoaki Shibata, Artist from Japan is owner of this home page since 2006.Tomoaki runs own 2 home page. Another is main act. This act: news&blog Another:main.. http://wasurerare.jimdo.com/
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30