竹紙

紙と筆、ペンは
現代の人間が社会に出るべく
成長する基盤。
要は読み書きです。
書いて、描いて情報を現し、
産業や歴史、芸術、文化を作ってきました。
そして古来から日本人は竹の細工に強かった・・ような気がする。


竹紙つくりに竹を擂る。ごーりごーりと。
産業革命の流れで、パルプの大量生産の紙が他をほぼ淘汰しました。
パルプ紙は見方によればブラックバスです。

創作活動は、淘汰の歴史をバックし、スイッチしてターンします。
ファシズム的に(?)淘汰され滅び去ってしまった可能性を掘り出す活動です。

要は賛成の反対です。

手で擂ってます。
だから、遅い。
クライアントも不安んな様子。

効率がよさそうな方法、
繊維をなめし棒(?)で叩いてだしなさい、
というようなメッセージが・・。
そりゃそうだ。賛成です。
その方向で動こうと思いますべ。


ところで擂り途中の紐束状の竹から
おもちゃの筆が出来ました。
明日には飽きるかもしれませんが
擂り器で擂りやすいよう、
棒状に編んで固めようと思った瞬感に
ひらめいて穂先部分だけ擂って残り部分を棒状にしました。
穂先のカタチを整えたらかなり使えそうな筆が・・・できた。
白玉面相筆のようにコシがない分、同じく白玉と同じように
よく水を含み、ながーい極細線がひけます・・
そんな気がする。明日以降、試しに使ったら実は駄目駄目だったりね。
ちなみに白玉面相筆は猫の毛から出来ています。
竹と猫を取り違えないように気をつけたいです。
[PR]
by wasurerare | 2010-08-02 23:55 | Ikoi_Girl__憩娘
Tomoaki Shibata, Artist from Japan is owner of this home page since 2006.Tomoaki runs own 2 home page. Another is main act. This act: news&blog Another:main.. http://wasurerare.jimdo.com/
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31