仕事について

新しい仕事がきまる。
職場は都心の飲食店。
両親と生活しているのは学園都市だしモラトリアムな空気が流れている。
「モラトリアムな空気に埋もれることは方向を決めたら障害だ。」
わりと時間的にも体力的にも厳しい条件の新しい仕事に就く自分を勝手に肯定化する自分がいる。
どっちにせよ良い仕事をすべきだ。

「甘い」という言い方は「わかる」と同様にアミニズム過ぎる。
わかってないのに「その気持ちわかるよ」の「わかる」。つまり状況判断の飛躍だ。
勝手な主観の状況を他者に勝手に投影するような、アミニズム的な酔っぱらいは自分を含めた日本人に多いのを知っている。しかしその気持ちはわかる。

あたりまえだが他者はわからないから他者である。「同情」とかは違って、わからないのを前提としている。
わかる、はつもりや、ろうとする、でおわるべきだ。
本質的に自分という作家は「わかりやすさ」を演じるべきではない。

つまるところ要求したい状況はある程度自力で成すべきだ。
その後、満を持して要求以上の後押しや仲間がやってくるのを信じて良い仕事をするべきだ。
[PR]
by wasurerare | 2010-11-11 20:05 | Ikoi_Girl__憩娘
Tomoaki Shibata, Artist from Japan is owner of this home page since 2006.Tomoaki runs own 2 home page. Another is main act. This act: news&blog Another:main.. http://wasurerare.jimdo.com/
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31