とある自薦文草稿

作家、柴田の作品作りの現場、すなわちアトリエとして利用いたします。
柴田はホテルのレストランで社員と同じような勤務数でアルバイトをしていて、利用する日は、アルバイトの休みの日ないし就業後ということになります。休みは不定期です。現段階では何とも言えませんが地域と連動した自身の発表の場としても機能すれば成功です。企画ギャラリーにはない、自主的で自由を売りにした、Non-Profit故に縛られない作品を作ります。

含みがあるニュアンスですが、新鮮な驚きが貸しギャラリーからも消えた、ちがいませんか?柴田はそれを危惧しています。とはいえ柴田が危惧する必要は有りません。なぜなら柴田は作品を作る当事者だからです。よって柴田が成すべき制作は美術の断層の瓦礫を拾い集めるようなことです。換言すると鈍感な体での活動の展開を希望しています。なぜなら野心があるからです。その物件はその希望と可能性を秘めている。
[PR]
by wasurerare | 2010-11-28 00:56 | Ikoi_Girl__憩娘
Tomoaki Shibata, Artist from Japan is owner of this home page since 2006.Tomoaki runs own 2 home page. Another is main act. This act: news&blog Another:main.. http://wasurerare.jimdo.com/
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30