神戸なう

http://www.kobe-ferry.com/route/kokunai/oshima/oshima_F.html

これで沖縄だ。しかしミズホとかりそなとかちゃんと営業してくれないと動けん。

11日金曜 平塚 漫画喫茶泊
 大磯駅プラットフォーム、不動産屋帰りに地震発生 プラットフォーム屋根、台風時の欅の林、ホーム寒天のように揺れる 電信柱がゆらゆら 最初、風が長くつよいなと思う ホーム上の老人が長い地震だと発言。 揺れは長かった。 3分位して駅前の不動産屋に 戻る 駅アナウンスにより かなり大きな地震のため しばらくの間 運行見合わせ。駅員、だいぶ大きかったので当面はー、と。 不動産屋 平塚出身のスタッフと余震のなか不動産屋待機 岐阜震度7 横浜 東京 震度3の速報だった気がする。 即座に、敏腕そうな若い不動産屋社長、これはやばいかも、とダッシュで店をでる。次に大きいの来たら帰れとスタッフに言い残したそうだ。 できる男にしか見えない社長のレスポンスの速さや動きをみて、おおごとだ、と確信する。電車が止まってから不動産屋のガラスの自動ドアごしに駅入り口に人だかりができ始める。 これが帰宅難民発生初期段階。子供たちは防災頭巾をかぶり店の前を通る。店スタッフは余震に怖がる。ゆれるたび店のそとに出る。ストーブもつけられない。。 四時の契約があるので帰れないという。店員のワンセグでTV視聴。TVKだったので横浜の建物の破壊が放映され、津波の映像も入る。車などが流される映像、気仙沼の二件の家屋から煙が立ち昇る映像、この初期段階で、あんな焦土になるとは。店スタッフは弟の安否を気遣う。電話が地震発生と同時につながらなくなっている。なぜかメールは通じる。ようやく電話がつながり、店スタッフ友人と話まくる。そうとうこわかったようだ。

13日日曜
 平塚より出勤、バス経由 小田急線秦野駅~新宿 実家泊

14日月曜
 二箇所目の水蒸気爆発を見て東京脱出、京都ゲストハウス箔

15日火曜
 岡山駅前漫画喫茶泊 当時 周辺のゲストハウス。以前利用したことがあったが、移動し、様子も異なっていた。おかげで静かに休めた。翌朝、出勤しないことを決める。

16~18日岡山カプセル一泊 朝昼のみいるカウンターのお姉さんがすこし好みだった。残念だが移動。

19日 一週間たった。神戸か相生にとまるかと考えるが神戸まで来た。よくわからないまま。満喫INN
    偏頭痛などもあり感覚的に カプセル暮らしが長引くことを恐れ、停滞を恐れたため 動こうと思う 。
[PR]
by wasurerare | 2011-03-20 05:06 | Ikoi_Girl__憩娘
Tomoaki Shibata, Artist from Japan is owner of this home page since 2006.Tomoaki runs own 2 home page. Another is main act. This act: news&blog Another:main.. http://wasurerare.jimdo.com/
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30