日記3本目5/11

b0107494_16530115.jpg




______僕の自然で運命的な美術のアカデミズムへの無関心が僕の美術のアカデミズムへの適正のなさの原因です、しかしそれのためにアカデミックな面の弱点をカバーする活路をさがす破目になっていることが日本画の作家としての僕の特筆すべき才能の証拠です。在籍しているアメリカの学校のドローイングクラスは一点透視方とかの基礎が終わるとキュリオスク―ロとかいうクラスになります。チャコ(木炭ペンシル)で写真みたいに描くやつです。これがアカデミックな普遍的で分かりやすい写実です。人と違うことをやるのが日本の芸術をしたい人の本心だといえるのですが、多文化のここでは逆なのかもしれません。普遍さは公民権と似ていて獲得するもので普遍的じゃないというのは気違いと同じ部類で認識されかねない。日本はスタートが一緒からの減点方式でアーティストはある意味ドロップアウトした人種として存在します、一方アメリカではスタートが不完全からの加点方式という感じだと僕は最近考えています。多分僕はエスニックに囲まれているので偏った見識です。エスニックの人たちの文章にはよく猿のように扱われたとかいう表現が出てきて興味深いです。僕は日本の受験デッサンでスポーツマンが巧くなるような普遍的なデッサンが嫌いになりました。これは悔やまれますが運命です。だからいまの学校が苦手です。結果的に僕の制作のよりどころは線で描いちゃう手くせです。嫌いながら勉強した普通のデッサンと普通のサブカルチャー、妙にしっくりする日本画の大学に入ってからの勉強などが影響したものです。多少の自己嫌悪と戦いながらこの描き方をいかに面白く見せるのかが多分僕の命題です。


________________________

b0107494_18563759.gif

This text is working in progress, sorry

My natural, fateful apathy for academism for artis the cause of my lackof aptitude for academic art; however it makes me have to look for the solutioncovering for the academic weakness in art and that is the evidence of mysignificant talent as an artist of Japanese Painting. The drawingclass in mycurrent art university in the US teaches basics such as one pointperspectiveand the next advanced class is Chiaroscuro.Chiaroscuro class teachesdrawing with charcoal pencil in hyper realism lookslike the photorealism. Thisis the general, clear realism in the academism.People who want to participate intoart tend to be not general and not normal inJapan but that is different in theUS where it is multi culture. To be generalis similar to civil rights, being whatshould be achieved. Thus, I guess to benot general is same as crazy in the US.Artists are sometimes recognized asdropped out people in Japan. In the otherhand, artist is job which achievedwith efforts here the US in the opinion ofme who often sees ethnic people. It isinteresting that some writer wrote hewas treated like a monkey in some websiteof civil right. I have hated the academicdrawing what sports men are good atsince studying for exam to enter some art universityin Japan. That is fate. Inthe result the focal point in my art is always my distinctive line draw skillwhat have influence of the academism and Japanese subculture, Japanese PaintingI studied in an art university in Japan. To try to promote my line drawing ismy fatal job.

僕の自然で運命的な美術のアカデミズムへの無関心が僕の美術のアカデミッズムへの適正のなさの原因です、しかしそれのためにアカデミックな面の弱点をカバーする活路をさがす破目になっていることが日本画の作家としての僕の特筆すべき才能の証拠です。在籍しているアメリカの学校のドローイングクラスは一点透視方とかの基礎が終わるとキュリオスク―ロとかいうクラスになります。チャコ(木炭ペンシル)で写真みたいに描くやつです。これがアカデミックな普遍的で分かりやすい写実です。人と違うことをやるのが日本の芸術をしたい人の本心だといえるのですが、多文化のここでは逆なのかもしれません。普遍さは公民権と似ていて獲得するもので普遍的じゃないというのは気違いと同じ部類で認識されかねない。日本はスタートが一緒からの減点方式でアーティストはある意味ドロップアウトした人種として存在します、一方アメリカではスタートが不完全からの加点方式という感じだと僕は最近考えています。多分僕はエスニックに囲まれているので偏った見識です。エスニックの人たちの文章にはよく猿のように扱われたとかいう表現が出てきて興味深いです。僕は日本の受験デッサンでスポーツマンが巧くなるような普遍的なデッサンが嫌いになりました。これは悔やまれますが運命です。だからいまの学校が苦手です。結果的に僕の制作のよりどころは線で描いちゃう手くせです。嫌いながら勉強した普通のデッサンと普通のサブカルチャー、妙にしっくりする日本画の大学に入ってからの勉強などが影響したものです。多少の自己嫌悪と戦いながらこの描き方をいかに面白く見せるのかが多分僕の命題です。












This text is working in progress, sorry

My natural, fateful apathy for academism for artis the cause of my lackof aptitude for academic art; however it makes me have to look for the solutioncovering for the academic weakness in art and that is the evidence of mysignificant talent as an artist of Japanese Painting. The drawingclass in mycurrent art university in the US teaches basics such as one pointperspectiveand the next advanced class is Chiaroscuro.Chiaroscuro class teachesdrawing with charcoal pencil in hyper realism lookslike the photorealism. Thisis the general, clear realism in the academism.People who want to participate intoart tend to be not general and not normal inJapan but that is different in theUS where it is multi culture. To be generalis similar to civil rights, being whatshould be achieved. Thus, I guess to benot general is same as crazy in the US.Artists are sometimes recognized asdropped out people in Japan. In the otherhand, artist is job which achievedwith efforts here the US in the opinion ofme who often sees ethnic people. It isinteresting that some writer wrote hewas treated like a monkey in some websiteof civil right. I have hated the academicdrawing what sports men are good atsince studying for exam to enter some art universityin Japan. That is fate. Inthe result the focal point in my art is always my distinctive line draw skillwhat have influence of the academism and Japanese subculture, Japanese PaintingI studied in an art university in Japan. To try to promote my line drawing ismy fatal job.

僕の自然で運命的な美術のアカデミズムへの無関心が僕の美術のアカデミッズムへの適正のなさの原因です、しかしそれのためにアカデミックな面の弱点をカバーする活路をさがす破目になっていることが日本画の作家としての僕の特筆す

b0107494_16530115.jpg
べき才能の証拠です。在籍しているアメリカの学校のドローイングクラスは一点透視方とかの基礎が終わるとキュリオスク―ロとかいうクラスになります。チャコ(木炭ペンシル)で写真みたいに描くやつです。これがアカデミックな普遍的で分かりやすい写実です。人と違うことをやるのが日本の芸術をしたい人の本心だといえるのですが、多文化のここでは逆なのかもしれません。普遍さは公民権と似ていて獲得するもので普遍的じゃないというのは気違いと同じ部類で認識されかねない。日本はスタートが一緒からの減点方式でアーティストはある意味ドロップアウトした人種として存在します、一方アメリカではスタートが不完全からの加点方式という感じだと僕は最近考えています。多分僕はエスニックに囲まれているので偏った見識です。エスニックの人たちの文章にはよく猿のように扱われたとかいう表現が出てきて興味深いです。僕は日本の受験デッサンでスポーツマンが巧くなるような普遍的なデッサンが嫌いになりました。これは悔やまれますが運命です。だからいまの学校が苦手です。結果的に僕の制作のよりどころは線で描いちゃう手くせです。嫌いながら勉強した普通のデッサンと普通のサブカルチャー、妙にしっくりする日本画の大学に入ってからの勉強などが影響したものです。多少の自己嫌悪と戦いながらこの描き方をいかに面白く見せるのかが多分僕の命題です。


[PR]
by wasurerare | 2015-05-12 03:40 | Ikoi_Girl__憩娘
Tomoaki Shibata, Artist from Japan is owner of this home page since 2006.Tomoaki runs own 2 home page. Another is main act. This act: news&blog Another:main.. http://wasurerare.jimdo.com/
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31