美術

気がつけば2月に27才にもなっていた。
しばらく起きていなかったが焦燥感を伴う慟哭な目覚めが蘇ってきた。
しばらく集中した制作が続いたからだろう。
搬入してから二日経つがその間ぐずついているからだろう。
だまって絵を描くこともしていないし、かといって仕事を探すこともそれほどアグレッシブに、とはいえない。
そんな消化不良な時間が結構辛さとなっているのかもしれない。
本業の絵をある程度ちゃんと描ける時間がもてたときほど
こういった種の辛さが際だってくる。
どれだけ無駄に過ごしたか、とか非合理的だったと自分の過去をつい恨む、けど恨みきれない。
そんなジレンマが制作の原動力の一つかも知れないとは思う。
本当に無駄だったら制作にびた一文希望がもてないし
無駄がない、ベストを尽くしたと思っていたら、それが理想なんだけど
描きたいものが違って来ちゃう気がする。
じゃあ、なにが表現したいのかと言われても
首をかしげる。
何をしようとかという余裕自体がどこかで違う気がする。
無意図にその場で出来上がったもの、それが自分が評価したい芸術の一つ
だと思うからだ。
[PR]
by wasurerare | 2008-09-24 02:12 | Ikoi_Girl__憩娘
Tomoaki Shibata, Artist from Japan is owner of this home page since 2006.Tomoaki runs own 2 home page. Another is main act. This act: news&blog Another:main.. http://wasurerare.jimdo.com/
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31