<   2010年 01月 ( 36 )   > この月の画像一覧

白いブランコ



ロス、アメリカのスナック ニルバーナで一緒に呑んだ、80歳くらいのプロボクシングのプロモータ―、ノリさんがうたった曲。店の女性が面白い人だった。消えない記憶。彼らにまた会わなくてはいけない。

習慣というのはすごいもので他によりどころのないりゆうでほとんど続けてきたが、いろんな地、満喫や個室ビデオ、アメリカ、で更新した記憶がこのサイトに向かうとよみがえる。これで頑張れる。
[PR]
by wasurerare | 2010-01-26 00:38 | Ikoi_Girl__憩娘

面接対策話法

http://www.dailymotion.com/video/x9pgo4_robot-chicken-dragon-ball-z-christm_fun
http://www.youtube.com/watch?v=xtvFyf2gR74&feature=related
ロス在住日本人の友人の白人の夫と高校生の子供はこれを見て最近喜んでるらしい。
友人は絵描き、夫はジャズ打楽器奏者、子供は音楽学校の笛関係の超エリートクラスに在席。
そんなハイエッジな人たちがリアルタイムではまっているそうな。
僕のズボンが下がるのはズサンなせいではないです。

どんな画家が好きですかと頻繁に訊かれることが多かった。
たいていどうでも良い質問だなあと思っていていい加減に適当に答えてました。
しかし社会的に責任ある大人のアーティストになりつつあるのだったら、ちゃんと答えなきゃいけない。
つまるところ本気で考えたことが無い。どうしても粗さがしするから。同業者なのだからクリティックに批評的に見るのは正しいと思う。結論は解答不能。誰でも悪いところが気になれば嫌だし、好きなところがあれば好きだし。みんな好きでもあるが嫌いでもある。
目標にしたい作家は誰ですか?と問題自体を変えればいくらでも言える。
全否定できる作家はいない。目標は抽象的な指針だから基準なんて相対的に考えればどこに決めてもいいのである。その意味で誰でも良いと言っても過言でない。
それこそその時思いついた名前を言えばいい。
自分が思いつけること自体その作家のことについて気に留める側面をみているからだ。
想像している瞬間自体が好意だろう。
何で好きかという話はそこで考えるべきだと思う。どうせ話す内容を憶えられないから。
都合のいいやつだと悪く思われるのも癪だが仕方ない。固定観念や嘘に自分が縛られるよりは。
それでも不安なら鉄板ネタをこさえるべきだろう。
いまなら鏑木清方が気になる。
ので調べて話の肉をつけるべきか。
しかし竜馬が竜馬ファンとの壁はある。
清方ファンではあるが熱狂的なファンではない。
誤解がいやだ。
それほど調べたくはないし。
[PR]
by wasurerare | 2010-01-23 14:37 | Ikoi_Girl__憩娘

z

b0107494_4351976.jpg

[PR]
by wasurerare | 2010-01-22 04:35 | WORKS

z

b0107494_4305374.jpg

[PR]
by wasurerare | 2010-01-22 04:31 | WORKS

jh

b0107494_3153242.jpg

[PR]
by wasurerare | 2010-01-22 03:15 | Drawings & MANGA

sa

b0107494_3141536.jpg

[PR]
by wasurerare | 2010-01-22 03:14 | Drawings & MANGA

woohoo

b0107494_361521.jpg

[PR]
by wasurerare | 2010-01-22 03:06 | Drawings & MANGA

s

b0107494_22333781.jpg

[PR]
by wasurerare | 2010-01-21 22:33 | Drawings & MANGA

見られないとやる気が出ない。ということで制作過程公開。
しかし調子悪い。肩が痛い。無理が効かない錯覚に陥る。日本はすべてが低く、長身の自分は調子悪いと後ろ向き。応援してくれる人達にとても悪い気がする。
b0107494_6365988.jpg
途中経過紹介1日目、小品ひさしぶり&細かい筆ないためかギコチナイ。
魅力が少ない。余白なくすくらい展開、加筆する必要がある。素材感、表面が少し気になるさてメデュウムぬりたくるか。現時点、構図が小さい、整理されてない。
上の方がよくない。描き始めとしてはと妥協。うん、そうだ鉛筆を使おう。
b0107494_6504092.jpg

[PR]
by wasurerare | 2010-01-20 06:37 | WORKS

いつも良質なメールでほっこりします。励みにしたいです。まさにエナジーです。昨日今日は他にも応援の便りがあった。救いのような旧知の女性からの吞みの誘いとか、救いのような元予備校の先輩の現役予備校講師からモデルバイトに徴収されたり。個人的なセーフティーネットが作用し始めました。しばらく個人的経済難や制作(家庭)環境などの諸障害に不貞腐れてテレビ難民化し不貞寝難民化し沈殿してましたが、ぐるんと回転、今日から小品2点制作開始。制作にはもらったタハンガ昆虫サイシュウボックス君をご利用ご活躍中です。結局その頑固な汚れみたいな諸問題は未解決ですが、おかげさまで、がんばろう神戸モチベーション無尽蔵です。あいしかたなし。そろそろ個展のDMのデザインしなくてはいけないんですがいつもの障壁、グラフィックソフトがない。友人の家に泊まりこんでPC借り作るれるられるかなあとトホホホと。今日作り始めた小品1点は、個展用にもうも1点は公募用。結局その公募の応募用紙を今日書いて投函したんですが、書いて応募するという行為もモチベーション上がりますね、ありがたい制作へ背中を押す要素です。あと個展期日が近づいていきたということと。うまい具合に締め切りに終わらせる本能が働いたか。テレビで小説家が劇団四季の人と対談してました。国の援助は文化に必要ないそうです、あくまで分野によるといってましたが。なんでも海外では芸術作品などに国が援助すると、それは面白くないという印象のレッテルが張られるそう。ホンマでっか、メリケンの姐さん。比べると都の支援は文化では舵が軽く、渋谷におしゃれな現代美術が見れる喫茶店つくったり、安心して笑える毒の効いたTV局作ったり。さすがは小説家なうえモンスター俳優のアニキ、と思うのはストックホルム症候群気味ですかね。なんとなくお役所仕事だし。これから作るDMは切り取り線つけて、切ると柴田の名刺ができるというエコDMというアイデアをさっき閃きました。名刺持って歩くのめんどいんですよね。いっそ送っちゃえと。名刺の輪郭の切り取り線をクロネコヤマトの型にするとか。いつもDM余るので有効利用できるし。いろんな公募展の応募にはいつも封筒は自前なんですね、応募用紙自体が封筒にトランスフォームするアイディアってグッドじゃないですか?エコだし、封筒という商品をそれほど買い置きしないので、毎回安いのを探しに100均に走るんですよね。エコな含名刺DM、そんな不満から派生した提案でもあります。個展自体のタイトルも決めたほうがいいですが『帰ってきた支払い』というタイトルでいこうかと。いまいちピンとこない。もちろん憧れの故人の名曲『帰ってきたよっぱらい』にあやかって。帰国したし、みんな支払いに困窮してるし。英語のタイトルだと、COMING BACK PAYですか?具合の良い言い回し教えてけろ。作品には直接関係なさそうですが時勢が反映すれば作品制作の背景の説明も楽だし。『帰ってきたよ支払ぱい』これで。ドー!だめか。明日は帰国後初バイト。あざーす。


小品だすという公募(これも都!?もはや1月の僕は公務員みたいなもんです。)
http://www.tokyo-ws.org/archive/2009/12/2010-2.shtml

おしゃれ喫茶。来店したらモデルみたいな綺麗な若い娘しか働いていなかった気がする。シビアに割り切っている。実際こういう店は運営が厳しいんですよね。仕事と身だしなみや容姿とサービスにプライドや気高さをもてるスタッフでないと成り立たない。新宿紀伊国屋書店の裏にあった1階が喫茶店の歴史ある劇場の入ったビルご存じですか?僕はそのビルに入っていた同じような店で働いていました。もっと充実した隠れ家的な超人気店でしたね。気のきいた本がいっぱいカオスのように積んであって。ピアノがあって。いつも有名写真家が打ち合わせしてました。灰皿が小さくてかなりの頻度でTheボス写真家の灰皿変えましたね。脳科学者もきたことがあった。出版関係の人も良く利用していました。突然来た友人がそこで絵本を出版するため、僕がホールで働いている時にその友人がその常連の出版関係の人と打ち合わせを始めるという不思議な事件がありました。身内が有名写真家の写真集と同じ会社から本を出すのに成功したという、まったくサプライズな大事件でしたね。男スタッフオンリー白シャツにサロン、黒髪、黒ズボン、黒皮靴、髭NGが決まりでした。僕は何度も猫背と髭を怒られました。僕には荷が重かったようで、僕は個人として抱える生活や制作、展示のストレスが重なって結果体の具合悪くなってばっくれました。事実、ぶりっと仕事明けに実家の風呂で失禁したぐらい体壊していましたね。ばっくれた後も、上司が展示を見に来てくれた。あそこのバイトはベストチョイスだったとおもう。少し大人になったのでいまなら又やれそうですが、ビルごと閉店しました。うーん。そこの展示スペース、最後は有名写真家が展示してくれましたとさ。でもいまだに付き合える友人ができた職場はそのバイトだけでしたね。勝手にホロっときた。
http://www.jellyfish.bz/shop/tokyo/kurage/kurage.html

送信メール抜粋。
[PR]
by wasurerare | 2010-01-19 22:15 | Ikoi_Girl__憩娘
Tomoaki Shibata, Artist from Japan is owner of this home page since 2006.Tomoaki runs own 2 home page. Another is main act. This act: news&blog Another:main.. http://wasurerare.jimdo.com/