<   2010年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

二の足

職場の若いもんが大ケガをした。ミンチ機に指突っ込んだのだ。第一関節を含み人差し指の半分失ったそうだ。血のついた前掛けがおちていた。
[PR]
by wasurerare | 2010-11-30 22:13 | Ikoi_Girl__憩娘

-

b0107494_2235636.jpg

[PR]
by wasurerare | 2010-11-30 02:23

mao

maoちゃんが心配だ。それはそうと昨日は出費がかさむ。カサムハム煮だ。曖昧ミーマイ~ン? くそ喰らえだよう。

~休憩時間、食堂 12/28/16:30~
 先輩(女性)「1Q84の人?」
 柴田「それは春樹です。」
 先輩(女性)「そっちの人はどんなの書いてるんですか?」
 柴田「SMです。」
 先輩(男性)「良く来るよ。」
 柴田「まじすか」
 先輩(男性)「最近こないけど。」

 マネージャー「仕事なれた?柴田君」
 柴田「慣れたら逆にきつそうですよね。いまはまだ、その、知らないことがあるから楽しくやってますが。」
 マネージャー(にやっとする。)

~終業後、PCでメールチェック、食堂21:00~
 同期「隣いいですか」
 柴田「どうぞ。」
 同期「何見てるんですか」
 柴田「エビゾー」
 同期「いつもそんなのみてるんですか?」
 柴田「疲れてるから真面目なことできないんですよ。」
 同期「地元の奴に、エビゾー殴ったの俺だろって言われましたよ。」
 柴田「一服ですか?」
 同期「はい。」「ここのシャワー使いました?ちょー綺麗っすよ。」
 柴田「こんどタオル持ってきます。」

 ~コクーンタワー、ブックファースト新宿22:00~
マクドナルドでゆっくり休もうとおもったらもう閉店だという。チーズバーガーとコーヒーをキャンセルする。 
中島らもさんの小説が欲しくなってブックファーストに吸い込まれる。疲労で思考が難航。アートフォーラム立ち読み。アート洋雑誌が売ってるのが嬉しい。らもさん文庫本買う。

~居酒屋22:45~
 常連「芸術家ってさ俺たちから見たらうらやましいわけよ。表現できる能力があんだから。」
 柴田「いやあ」
 常連「芸術家に悩んでるとか困ってるとかいわれてもこっちは知ったこっちゃ無いんだよ。点を書くでもなんでもいいから絵日記みたいにやればいいんだよ。マスターベーションでも続けないといけないんだよ。それを評価するしないはこっちの勝手なんだよ。」
 柴田「…すよね。」
[PR]
by wasurerare | 2010-11-29 08:11 | Ikoi_Girl__憩娘

あああs

新宿バイト帰宅なう。あす電話復活予定。明日は制作日です。明日は世界堂でキャンバスとオイルペインツ購入やで。つかれたー
[PR]
by wasurerare | 2010-11-28 20:20 | Ikoi_Girl__憩娘

とある自薦文草稿

作家、柴田の作品作りの現場、すなわちアトリエとして利用いたします。
柴田はホテルのレストランで社員と同じような勤務数でアルバイトをしていて、利用する日は、アルバイトの休みの日ないし就業後ということになります。休みは不定期です。現段階では何とも言えませんが地域と連動した自身の発表の場としても機能すれば成功です。企画ギャラリーにはない、自主的で自由を売りにした、Non-Profit故に縛られない作品を作ります。

含みがあるニュアンスですが、新鮮な驚きが貸しギャラリーからも消えた、ちがいませんか?柴田はそれを危惧しています。とはいえ柴田が危惧する必要は有りません。なぜなら柴田は作品を作る当事者だからです。よって柴田が成すべき制作は美術の断層の瓦礫を拾い集めるようなことです。換言すると鈍感な体での活動の展開を希望しています。なぜなら野心があるからです。その物件はその希望と可能性を秘めている。
[PR]
by wasurerare | 2010-11-28 00:56 | Ikoi_Girl__憩娘

Von

アメリカのスーパーで仲良くなったおじさんを思い出す。彼はいつも遅くまで働いていた。いつも声をかけてくれた。今は自分がそういった立場になろうとしている。働くのが大変だ。
[PR]
by wasurerare | 2010-11-28 00:14 | Ikoi_Girl__憩娘

s@part time job

電話代払えないし制作を始められもしない。お金がないから。給料日は25日。金はいったら辞めないと何のために働いているのか解らないとつっこまれそう。いろんな事情が複合的にじゃま臭い。
[PR]
by wasurerare | 2010-11-27 08:39 | Ikoi_Girl__憩娘

s@

授賞する夢を見る。授賞したら蹴りたい奴を蹴った。なさけなかった。フラストレーションだ。
[PR]
by wasurerare | 2010-11-27 08:32 | Ikoi_Girl__憩娘

文明文化学院

北千住に行かなきゃならんし電話代はらわなあかんし金がねえ時間もねえ

出勤前に今朝は西新宿の出力屋で出力。つかえることがわかった。遅刻なりそうに急ぐと新しい道をはっけんするから不思議だ。高層ビルの一階を通り抜ける技はまさにメトロポリスならでは。つーかバブルすごし。出力は作品の画像資料。今夜テキストを完成させたかったがねむし。いややり始める。それにしても初給料日がクリスマス。それまでどおせええというのじゃろうか。ホテルレストランバイトで気づいたメリットは、同僚にへんな奴が見受けられんところだ。きっと、良識と自尊心を大切にする人じゃないと一流ホテルの仕事をやろうとはおもわんだろう。しかしこの時間のNASAはどうにかならんじゃい。

昨晩は国立で久しぶりに呑む。常連のブラザー&シスター達の健在さに少し引く。こいつら金と暇もっていやがるなあと。しかしカラオケでもやるとこの酒の時間も大切なのだなあとわかる。翌日の仕事の効率は目に見えてエクスプロージョンする。毎日は体力がもたないのだがやはり酒は大地の恵みにちがいない。今日バイトははかどった。昨日が繁盛しすぎた分、スキルがアップした。そして飲食店の裏方の動きを思い出してきた。思えば飲食店バイトで何時間過ごしたのだろうか。絵を描く時間を超えた気がする。大事なことをおもいだした。それは立ち方、半身になる立ち方。方法は省略するが、その立ち方はイタリアンのシェフに教えてもらった。当時の現場はカレー屋で、そのシェフに教わった立ち方は包丁の扱うとき威力を発揮する者だと思っていたのだが、実は動線での利便性や腰の怪我防止に役立っていたのだ。そのシェフと出会えていなかったら自分はどこでもバイト出来ていないだろう。それだけ体は痛んでいる。歳を喰えば痛むのは人間当たり前である。その痛みにマゾヒズムに陥らないために賢くなるべきである。文明は人のことを考えてくれない。立ち方やテクニックなどの文化が人間を大事にする。そこがポイントだ。オーストラリア発のスキンズという段階圧力のインナーソックスをはくことを憶えたのは以前売り子をしていたアウトドア屋で。いわゆる現代スーパー脚絆だ。ふくらはぎの血流を促すポンプをサポートするその道具もいわゆる文化だと思う。人間に役立つ者は文化なのである。それにひきかえ職場ではそれは普及していない。日本はそういう意味で新しく有能な文化に疎い。エピキュリアンや個人主義者には早い段階で受けいれられるが、「自称オタク」という増えつつある人種の右翼的性質にはちと難。そうオタクって言うのは潜在的に右翼なんだと思う。逆にどう見たっておたくなんだけどオタクだとみとめない人々は左翼。まあそんなでたらめです。
[PR]
by wasurerare | 2010-11-24 23:56 | Ikoi_Girl__憩娘

11/23-24

snuggle down in bed
気持ちよくベッドに寝そべる


着弾後、霧が立ちこめたように周りが暗くなった

西新宿に拠点を築けた。バイトの職場だけど。
アメリカから帰還したら拠点を都心に設けよう考えていたが
すこし前進した。問題はいかに時間を有効利用するかだ。
都心は物が手に入り安い。アメリカなど海外で制作発表するにしても
国内で地盤を作っておいた方が手っ取り早い。
いまは
英語スキル と制作の充実 と金銭確保 

が課題。

-------------------------------
englishでdesert は abondant
砂漠という名詞の他に「ほったらかされた-」という形容詞でもある
英語圏の人にとっては砂漠でさえも誰かがほっといたものなんだろうか。
かたや砂漠は日本語として自然の有り様を指していると感じる。

今日は本島ではふれあい祭り。 僕は職場でふれあい祭り気分で行こうと思う。
祝日だからヤバイと脅された。
[PR]
by wasurerare | 2010-11-23 07:47 | Ikoi_Girl__憩娘
Tomoaki Shibata, Artist from Japan is owner of this home page since 2006.Tomoaki runs own 2 home page. Another is main act. This act: news&blog Another:main.. http://wasurerare.jimdo.com/